自毛植毛の【密度】は年代で満足度に差が出る!薄毛に気づく頃の密度で満足できますか?

「自毛植毛の【密度】は年代で満足度に差が出る!薄毛に気づく頃の密度で満足できますか?」ということで、自毛植毛の密度について6つのコンテンツで紹介しています。

まず前半の3つが「自毛植毛の密度は年代で満足度が違う!」「「ヨコ美クリニック」今川院長の植毛完全ガイドでは!」「AGAと自毛植毛で「細い」と「密度」の関係は?」となります。

そして、後半の3つでさらに深堀したコンテンツになっています。それが「自毛植毛の密度は年代で満足度が違う!」「「ヨコ美クリニック」今川院長の植毛完全ガイドでは!」「AGAと自毛植毛で「細い」と「密度」の関係は?」となります。

「自毛植毛の密度」については、このページで「70%」以上の認識はできると思います。残りの「30%」については、あなたの髪の状態と頭皮の状態で具体的な認識が明確になってきます。

なので、「自毛植毛の密度」についてさらに具体的な詳細をお知りになりたい方は、自毛植毛クリニックが実施している「無料カウンセリング」をおすすめします。

●おすすめの「自毛植毛クリニック」がコレ!

アイランドタワークリニック:国内シェア「60%」超で2万人以上の治療実績がある自毛植毛クリニックです。
ヨコ美クリニック:一度の手術で7000本のメガ植毛が可能という自毛植毛クリニックです。
湘南美容クリニック:4つのCCDカメラが搭載された最先端の植毛ロボットを採用している自毛植毛クリニックです。

それでは、「自毛植毛の密度」についての6つのコンテンツを見ていきましょう。

自毛植毛の密度は年代で満足度が違う!

「自毛植毛の密度は年代で満足度が違う!」ということで、「年代」として書いているんですが、ここでは年齢が上に上がるほど薄毛やハゲの進行具合が進んでいることを前提にしています。

何を言っているのかというと、自毛植毛の密度で「40FU/c㎡」または「80本/c㎡」であれば、薄毛やハゲが進行していた年配の方はまずます満足される方が多いわけです。

この数字で植毛するとどんな髪の状態のなるのかというと、「薄毛に気づく頃の状態」だそうです。つまり、全くハゲていない髪の状態を「100%」とすると、「薄毛に気づく頃の状態」は「40%~50%」ということです。

これが、年齢が若い方になってくると「もうちょっと密度は濃い方がいい!」と思う方が出てくるわけです。

なので、自毛植毛に踏み切る方の年代で、同じ自毛植毛の施術をしても1年後の髪の密度に対する評価が違ってくるわけです。

次の項で、「ヨコ美クリニック」の今川賢一郎院長が出版した「植毛完全ガイド」に書かれている、自毛植毛の密度の数字を紹介します。

「ヨコ美クリニック」今川院長の植毛完全ガイドでは!

ヨコ美クリニック」の今川賢一郎院長は「植毛完全ガイド」という書籍を出版されています。その中に、自毛植毛の密度に関するとても分かり易い解説が紹介されているのでその一部を紹介します。

書籍では、海外の自毛植毛の実験よって植えつけ密度の理論が紹介されています。
それがコレです。

レベル①:完全なハゲ状態(0%)
レベル②:かなり薄いと感じる状態(20~25%)
レベル③:薄毛に気づく頃の状態(40~50%)
レベル④:ハゲていない状態(100%)

詳細は今川院長の書籍にお任せするとして、一般的に言われる自毛植毛では、「レベル①」の髪の状態を最終的に最低となる「レベル③」の状態までもっていくことを目標としているそうです。

なので、前項で年齢を重ねた年配の方は「レベル③:薄毛に気づく頃の状態(40~50%)」でも満足される方が多いわけです。つまり、「あれ!?ちょっと薄毛が気になってきたかな?」のまだ始まりの段階です。

でも、若い方になると「もっと濃い方がいい!」となる分けです。

ちなみに、ヨコ美クリニックの今川院長は自らも自毛植毛を経験された方で、出版された植毛に関する書籍は数冊あります。

AGAと自毛植毛で「細い」と「密度」の関係は?

AGAは髪が細くなっていく状態をいいますが、細い髪の毛のまま既存の毛として残っていることが多いです。

一方、自毛植毛は「完全なハゲ状態」または「かなり薄いと感じる状態」を「薄毛に気づく頃の状態」まで髪の密度をアップしていく施術となります。

なので、細い髪の状態になっているAGAの範囲に自毛植毛の施術をするということは、細い髪の毛の間に植毛をしていくことになる分けです。

なので、場合によっては、AGAの細い髪が最終段階で抜けてしまった時は、その分の髪の密度も減ってしまうわけです。

そのため、AGAがまだ初期の場合は、自毛植毛はまだ早いという考え方もあるわけです。AGAでは髪が細くなっている状態だけで、基本的には既存の髪の毛の密度は下がっていないのがほとんどだったりします。

何度もお話ししていることなんですが、「自毛植毛は施術を受けて1年後に本人が満足できる髪の密度のなっているか」がとても大切なところになります。

1年後、自毛植毛したのに、AGAの進行具合で思っていた髪の密度が得らなかったでは良くないですからね。

AGAも人により個人差があるので、自毛植毛クリニックが実施している「無料カウンセリング」で納得がいくまで相談されることをおすすめします。

こちらの記事で、「自毛植毛クリニックの選び方」について5つのポイントにまとめていますので、良かったら参考にして下さい。

M字ハゲで割れる!ごまかしも限界!手遅れ?自毛植毛クリニック厳選【3選】まずは無料カウンセリング!
第2項『自毛植毛クリニック【選び方】5つのポイント』で詳しくまとめています。

自毛植毛の密度で1cm平方のグラフトと本数について

「密度」を改めて調べてみると、「対象とする何かの混み合いの程度を示す。」(引用:Wikipedia)と定義されています。科学的には「面積1cm平方あたりの質量」と言ったりしますね。

これを自毛植毛の「密度」といった時は、「一定範囲内のグラフト[株]数の割合」を指しています。

親和クリニックさんでもと分かり易くまとめているのがコレでした。

基準となるのは1cm平方範囲の頭皮にある毛穴の数です。日本人は毛量が多いとされる後頭部で、1cm平方に平均60~80グラフトあるといわれています。本数で考えると平均150本~200本ほどの毛髪が生えていることになります。
引用:親和クリニック

これで分かることは、後頭部から採取できるグラフト[株]の数には上限があると言うことです。

ほとんどのクリニックが公式サイドで説明しているのが、1回当たりの採取は「1cm平方当たり40グラフト[株]」となっています。「40FU/1cm平方」と表記しているところもあります。

それでは、40グラフト[株]で何本の髪の毛があるのでしょうか。それが大体「80本」になります。「80本/1cm平方」と表記しているところもあります。

つまり、1グラフト[株]に大体「2本」の毛が生えているとなるんですが、なぜ「大体」といった大まかな言い方になるのかというと、ヨコ美クリニックさんの公式サイトで分かり易くで説明していました。

私達は1本毛30%、2本毛50~55%、3本毛15%で平均のFUのサイズは2本になるわけですがもし1本毛が多いとFUの平均サイズが2本より小さくなります。
引用:ヨコ美クリニック

ちょっと分かりずらかったかも知れませんね。ちなみに「FU」とはグラフト[株]のことを言います。

ここで言っているのは、40グラフト[株]採取した場合、「30%」「1本毛」で、「50~55%」「2本毛」で、「15%」「3本毛」ということです。

だから、先ほど、1回当たりの採取が「1cm平方当たり大体80本」とお話した「大体」というのが、「50~55%」が「2本毛」なので、「40グラフト×約2本」の「約80本」となるわけです。

お分かりいただけましたか?

なので、「自毛植毛でできるだけ密度を濃くしたい!」という希望があっても、1回に採取する40グラフト[株]の1株1株に生えている「髪の毛の本数」「1本の髪の太さ」によって「髪の密度」は大きく違うわけです。

ちなみに・・・

アイランドタワークリニックの「i-Direct法」では、ひとつの毛穴から複数の毛髪が生えている状態の良いグラフト[株]を採取するために、医師が目視でグラフト[株]を選んでいるんです。

ということは、『1グラフト[株]』に少なくとも『2本以上』の元気な毛が生えているグラフト[株]を採取してくれるので、自毛植毛して1年後の髪の密度もそれなりに期待できるのかも知れませんね。

密度アップのために2回目3回目の自毛植毛はOKなのか?

先述の『「ヨコ美クリニック」今川院長の植毛完全ガイドでは!』の項目で、「植えつけ密度の理論」を紹介しました。それがこちらです。

レベル①:完全なハゲ状態(0%)
レベル②:かなり薄いと感じる状態(20~25%)
レベル③:薄毛に気づく頃の状態(40~50%)
レベル④:ハゲていない状態(100%)

年代は上の方になれば、1回の自毛植毛で1年後の髪の密度が「レベル③」であればほとんどの方が満足されるとのことでした。

問題は、若い年齢の方々ですね。20代30代40代の方々となるのでしょうか。

もちろん、自毛植毛を決意された段階の髪の毛の状態にもよるので一概には言えませんが、恐らく1年後の結果が「レベル③」だった場合、「満足」と思えるかどうかは個人差が大きいと考えられます。

そこで、「もっと髪の密度が欲しい!」となれば、2回目の自毛植毛を受けられる方も現実多くいます。当然ながら、2回目の植毛を受ければ髪の密度アップもできるので、見栄えも良くなりいろんなヘアスタイルも楽しめるとことになります。

ところが、2回目の自毛植毛をしたけど満足できるレベルの密度ではないとなった場合、はたして3回目の自毛植毛はありなんでしょうか?

結論から先に言うと、3回目のさらなる密度アップはクリニック側としては基本的には可能です。つまり、グラフト[株]を採取できる部分があれば植毛の追加はできるわけです。

ただし・・・

3回目に向けてのカウンセリングでは、かなり細部にわたっての打合せ(話し合い)は必要です。つまり、患者側としては「3回目はやらない」も含めた話し合いをする姿勢が必要だと考えられます。

少なくとも、以下の内容は明確にしておく必要があります。
・「具体的にどの部分が満足できないのか」
・「密度アップすることでどんな髪型をしたいのか」
・「元々ある既存毛の状態をどこまで理解しているのか」

さらに、クリニック側のプロの視点から判断する、「見解」「アドバイス」「注意」などを冷静に受け止め判断する姿勢も大切です。

1回の自毛植毛で高密度の「メガセッション」という選択もある!

素朴な疑問として、「2回に分けて自毛植毛するくらいなら、1回で一気に植毛した方がいいのでは?」って思いますよね。

そこで注目されているのが、「メガセッション」という高密度の自毛植毛です。植毛するグラフト[株]の数でいうと、最低でも「2,500株」以上がメガセッションと言われます。

自毛植毛クリニックのホームページをいろいろリサーチしていても、「2,500株~3,000株」の症例を掲載しているクリニックを良く目にします。

自毛植毛の技術の進歩はもちろんなんですが、直接施術を担当する医師に技術も向上しているため、この様な「メガセッション」の施術も可能になっています。

ただ、「メガセッション」の場合は、グラフト[株]を採取する部位の選定、移植する良質なグラフト[株]の選定、高密度を前提にした頭皮への植毛技術などなど、通常の施術に比べかなりの時間を必要とします。

そのため、患者さんへの身体の負担も考えると、優秀な医師と優秀なスタッフの連携がとても大切になることは言うまでもありません。

なので・・・

「メガセッション」を検討するときは、最低2つ以上のクリニックで「無料カウンセリング」を受診して比較検討することをおすすめします。

メガセッションの「症例件数」や実際の「症例写真」はもちろんですが、あなた自身の髪と頭皮の状態でメガセッションを受けた場合のメリットとデメリット、場合によってはリスクもしっかりヒアリングして下さい。

まとめ

「自毛植毛の【密度】は年代で満足度に差が出る!薄毛に気づく頃の密度で満足できますか?」ということで、自毛植毛の密度について6つのコンテンツで紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

最初にお話しした「自毛植毛の密度」についての認識は、「70%」ほど明確になりましたでしょうか。

まだモヤモヤしている残りの「30%」については、あなたの髪の状態と頭皮の状態に照らし合わせることで明確になってきます。

自毛植毛クリニックの「無料カウンセリング」に参加することで、あなたが理想としている髪の密度と施術にかかる費用も明確になります。

こちらの記事で、「自毛植毛クリニックの選び方」について5つのポイントにまとめていますので、良かったら参考にして下さい。

M字ハゲで割れる!ごまかしも限界!手遅れ?自毛植毛クリニック厳選【3選】まずは無料カウンセリング!
第2項『自毛植毛クリニック【選び方】5つのポイント』で詳しくまとめています。