軟毛だから必要な薄毛ケア|≪薄毛予防になるシャンプー≫ベスト3

軟毛だから必要な薄毛ケアとして「薄毛予防になるシャンプー」を紹介しています。軟毛ヘアの方で25歳を過ぎたら、髪型だけではなく薄毛予防にも意識を持って下さい!高校生や大学生のときはまったく意識しなかった薄毛の悩みが、社会のストレスとともに確実に近づいてきています。


今から始めるヘアケアの方法として

それでは、“薄毛”にならないためにどんなヘアケアの方法があるでしょうか?

軟毛ヘアの方で、まだ“薄毛”になっていないなら、今使っているシャンプーを見直すことから始めてみて下さい。

できましたら、毎日使うシャンプーは、シリコン入りのシャンプーは避けた方がいいかも知れませんね。確かに個人差はあるんですが、シリコンシャンプーが原因で髪の毛が抜けてしまうという事例もあるんです。

それは、毛穴にシリコンが詰まり毛根の発育が妨げられ、結果的に薄毛の原因につながってしまう傾向にあるからです。なので、市販で安く売られているシャンプーは成分表示をよく確認した方がいいですね。

もし、今使っているシャンプーで、頭皮の痒みが頻繁にあったり髪がパサ付くようなら、一度、シャンプーを見直してみることをおススメします。

それではここからは、25歳以上の軟毛ヘアの男性で、これから薄毛予防のためにヘアケアと頭皮ケアをしていきたい方のために「薄毛予防になるシャンプー」を3つ紹介します。

軟毛ヘアは“薄毛”の予備軍なのか?

ページTop

【薄毛予防になるシャンプー】ベスト3

CU(チャップアップ)シャンプー

毛髪診断士と美容師さんが開発したシャンプーとして注目されているのが、この『CU(チャップアップ)シャンプー』になります。美容室のスタイリストさんが使ってほしいシャンプーとしても人気があるんです。

ところで、軟毛ヘアの方が薄毛予防のためにシャンプーを選ぶとき、必ずと言っていいほど耳にするのが「シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーのどっちがいいの?」です。

ちなみに、この『CU(チャップアップ)シャンプー』は、「ノンシリコンシャンプー」になります。

それでは、“シリコン”シャンプーはどんなシャンプーなのかというと、シリコンが配合されているので確かに髪の毛にツヤが出て指通りがいいんですが、毛穴にシリコンが詰まってしまい薄毛の原因になってしまうんです。

なので「薄毛予防には“ノンシリコン”シャンプーがいい!」と言われるのですが、だからといってノンシリコンであればどんなシャンプーでもいいか?というとそうではないんです。

なぜかというと“ノンシリコン”シャンプーならではのデメリットがあるからなんです。それが、「髪の毛がきしむ!」「髪のツヤが出ない!」「指通りが悪い!」というものです。

そんな“ノンシリコン”シャンプーのデメリットを解決したのが『CU(チャップアップ)シャンプー』になるわけです。

独自配合のノンシリコンとコアセルべ―ション(数百マイクロメートルの球状体)により頭皮を守りながら、髪の毛のコシとハリを与え根元から立ち上がてくれます。

なので、軟毛ヘアの方におススメできるシャンプーが、ボリュームアップと薄毛予防になる『CU(チャップアップ)シャンプー』になるわけです。

「CU(チャップアップ)シャンプー」の購入はコチラ

高級志向

ラグゼ/LUXE・スカルプシャンプー

『ラグゼ/LUXE・スカルプシャンプー』の一番の強みになっているのが、3種のインド産天然ハーブが配合されているところです。それが「リタ」「シカカイ」「アムラ」になります。

このインド産天然ハーブが何にいいのかというと、「リタ」が頭皮の洗浄をしながら皮脂を整え、「シカカイ」が痛んでしまった髪にツヤを出しながら頭皮に潤いを与えてくれ、「アムラ」が髪の毛のコシとハリを維持してボリュームアップを助けてくれます。

この『ラグゼ/LUXE・スカルプシャンプー』は男性専用に開発されたシャンプーなんですが、頭皮への優しさと仕上がりの良さが口コミとなって女性ユーザーも増えているんです。

数年前から、女性でも仕事のストレスなどで薄毛に悩む方が増えてきました。そのため薄毛予防になるシャンプーを探している方も目立っています。

そうなると、やはり薄毛や育毛ケアに歴史があるのが男性用の育毛シャンプーや育毛剤になってくるわけです。

そんな中、厳しい目を持った女性からも評価がある『ラグゼ/LUXE・スカルプシャンプー』もおススメできるシャンプーになります。

「ラグゼ/LUXE・スカルプシャンプー」の購入はコチラ

フィエーリ/FIERLI・シャンプー

『フィエーリ/FIERLI・シャンプー』の一番の強みは、「水」の力と「糖」の力にあるんです。「水」の力を注ぎ込むことで強い髪のうねりを和らげ、「糖」の力によって糖質皮膜を作って髪の毛を包み込んでくれるわけです。

特にこの『フィエーリ/FIERLI・シャンプー』は、軟毛でクセ毛のある方におススメできるシャンプーになります。

「水」の力で“強い髪のうねり”を和らげ、和らいだ髪を「糖」の力で“糖質皮膜を作り包み込む”ことで、潤いのある軽い質感の髪に仕上げてくれるわけです。まさに、クセ毛対応に特化したヘアケアシャンプーとります。

なので、「薄毛予防のシャンプー」としては、上記でおススメした『CU(チャップアップ)シャンプー』か『ラグゼ/LUXE・スカルプシャンプー』で検討して下さい。

その上で、クセ毛でお悩みの場合は、この『フィエーリ/FIERLI・シャンプー』はおススメできる一品になります。

「フィエーリ/FIERLI・シャンプー」の購入はコチラ

薄毛カバーメンズ髪型【人気上位2記事】
M字&てっぺんカバー髪型【人気2記事】
  • M字(ハゲ/薄毛)に似合う髪型ヘアスタイル【43選】
    M字(ハゲ/薄毛)に似合うヘアスタイルを「ボウズ/坊主」「ソフトモヒカン」「ツーブロック」「ベリーショート」「オールバック」「リーゼント」「七三/横分け」「剃り込み」「くせ毛風パーマ」に分け細かく紹介しています。
  • てっぺんハゲを隠すかっこいい髪型おすすめ【10選】
    「オールバック」「坊主頭」「ソフトモヒカン」「スポーツ刈り」「ツーブロック」の5つのヘアスタイルで提案しています。合わせて、てっぺんハゲの隠し方の選択方法として、5つのポイントも紹介していますので参考にして下さい。
早く筋トレを始めないとヤバいッ!と思っているあなたへ!

ページTop

コラム:気を付けたい髪のセットの仕方(メンズ編)

当サイトは、25歳以上30代40代の男性で「軟毛ヘア」の方に向けていろんな髪型を紹介しています。そのため、『メンズ 髪型 細毛』というように「細毛」という言葉を入れて検索して訪問される方も結構いらっしゃいます。

「軟毛ヘア」というのは、生まれたときからもともと髪が細くて軟らかく猫っ毛ヘアの方と、25歳を過ぎてから「何だか最近、髪が細くなってきたような!」と感じている細毛ヘアの方がいます。

特に後者の方は、『最近、セットが思うように決まらなくなってきたのは、自分の髪の毛が細くなってきたからではないか?』と思い始めた方々が多いですね。

そんな「細毛ヘア」に悩む25歳以上30代40代の男性に、「細毛だから気を付けたい髪のセットの仕方」についてお伝えしています。それが結果的に薄毛予防にもつながってくるわけです。
こちらの『細毛だから気を付けたいセットの仕方と薄毛予防』で詳しくお伝えしていますので、よかったら参考にして下さい。

ページTop

高校や大学では軟毛の髪型だけを意識していた。

高校生のとき、カッコいい髪型を作るためにいろんなワックスを試した方が結構いらっしゃるのでは?恐らく、自分の髪が軟毛ヘアであることもその頃から悩んでいたかも知れませんね。。

また、大学生になると、美容室やサロンに行ってスタイリストさんが勧める軟毛ヘアに合うワックスやジェルを買ったりした方も多いのでは?また、セットの仕方を教わったりして、ちょっと高いドライヤーやアイロンにアルバイトのお金を使ったりした方もあるでしょう。

当然、高校生や大学生の時は、自分が満足できるヘアスタイルを決めることに意識が集中していて、ヘアケアなどほとんど考えていなかったと思います。今、25歳を過ぎて薄毛で悩む方も、この頃はフサフサでしたからね。

高校や大学では軟毛の髪型だけを意識していた。
出典:http://www.truelifeptorontostatus.com/164.html

ページTop

社会人になってショートヘアが中心に!

社会人になって会社務めが始まると、髪型もある程度限定されてしまいますね。少なくとも、学生の時のようにいろんな髪型に挑戦してみたりカラーで染めたりは、まずもってできなくなってしまいます。

それどころか、毎朝、時間に追われて家を出るので、簡単にセットできる髪型を選ぶことになりますね。必然的に、ベリーショートかショートヘアが中心になってきます。

この時、軟毛ヘアの方は、髪をセットするのに余計に時間が掛かってしまい結構大変だったりするんです。この髪型を一日持たせるには?朝から雨が降ってるしなぁ!今日はやけに風が強いなぁヤバイッ!などなど。

学生の時とは違い、自分のヘアスタイルに気は使っていても短時間でセットしなければならないし、帰宅しても疲れているから風呂に入って早く寝たいですからね。

当然、ヘアケアなどは、後回しになってしまいます。

社会人になってショートヘアが中心に!
出典:http://matome.naver.jp/odai/2143322879922917201

ページTop

同僚や学生時代の友達の頭が薄くなってきた!

25歳を過ぎてからでしょうか、軟毛の方が自分の髪の毛を心配し始めるのは!

きっかけは、会社の同僚や先輩、または、久々に再会した学生時代の友達の頭が薄くなっているを目にしたとき・・・。「軟毛で猫っ毛だから、もしかして自分も薄毛になっているのか?」と・・・。

そこからようやく、「髪型だけではなく“ヘアケア”もしなければ!」と決意するわけです。

25歳を過ぎて自分の髪の毛に危機感を感じ始めたなら、今すぐ、ヘアケアを開始して下さい。分け目の地肌がやけに目立ち、自分が薄毛になって来ていることを自覚する前に・・・!

同僚や学生時代の友達の頭が薄くなってきた!
出典:http://matome.naver.jp/

ページTop

軟毛ヘアは“薄毛”の予備軍なのか?

軟毛ヘアは、猫っ毛とも言われ髪が細くてキューティクルの層が薄い髪質を持っています。一方、硬毛ヘアは、太くてキューティクルの層が厚い髪質を持っています。

しかし、軟毛ヘアと硬毛ヘアの違いは、主にホルモンの影響から見た目が細いか太いかの変化の違いにしか過ぎないんです。

ではなぜ、軟毛ヘアの人の方が“薄毛”になりやすい傾向にあるのでしょうか。それには2つの原因があるんです。それが「髪が細い!」と「髪が痛みやすい!」という原因です。

一つ目の「髪が細い!」では、髪の毛が細いためどうしても毛穴から抜けやすくなってしまうんです。硬毛の太い毛と比較したら当然ですね。

そして、二つ目の「髪が痛みやすい!」では、髪の毛の繊維が少いため栄養分が不足しがちになり、外的な要因(ドライヤーなど)で痛みやすくなってしまうんです。その結果、抜けやすくなってしまうわけです。

そこへ来て、25歳を過ぎてくると、社会人特有の人間関係のストレスや食生活の乱れが重なり、軟毛ヘアの方はますます“薄毛”予備軍になってしまうわけです。

軟毛ヘアは“薄毛”の予備軍なのか?
出典:http://www.miyahaya.com/entry/2016/02/01/175605

ページTop

まとめ

「軟毛だから必要な薄毛ケア|≪薄毛予防になるシャンプー≫ベスト3」ということで、軟毛ヘアの方が25歳を過ぎたら、ご自身の「薄毛予防」についても意識する大切さについてお話しさせて頂きました。

合わせて、薄毛予防になるシャンプーについても紹介しましたが、薄毛予防のシャンプーは『CU(チャップアップ)シャンプー』か『ラグゼ/LUXE・スカルプシャンプー』で選んでもらえれば十分です。『フィエーリ/FIERLI・シャンプー』はクセ毛用シャンプーとして補足とさせて頂きます。