自毛植毛[メリット/デメリット]|30代男性AGA(男性型脱毛症)の場合では!

「自毛植毛[メリット/デメリット]|30代男性AGA(男性型脱毛症)の場合では!」ということで、AGA(男性型脱毛症)が進行して自毛植毛を検討し始めた30代男性の方に向けて自毛植毛のメリットとデメリットについて紹介しています。

なぜ、AGA(男性型脱毛症)の30代男性に絞っているかというと、自毛植毛を検討する方が一番多い年齢でもあるからです。

それは、自毛植毛クリニックで独自に調査したアンケートや薄毛に関するアンケート調査のサイトから、30代男性が薄毛対策でいろいろ試しているのが分かったからです。

●おすすめの「自毛植毛クリニック」がコレ!

アイランドタワークリニック:国内シェア「60%」超で2万人以上の治療実績がある自毛植毛クリニックです。
ヨコ美クリニック:一度の手術で7000本のメガ植毛が可能という自毛植毛クリニックです。
湘南美容クリニック:4つのCCDカメラが搭載された最先端の植毛ロボットを採用している自毛植毛クリニックです。

自毛植毛のメリットについて!

自毛植毛の[メリット/デメリット]ということで、ここではAGA(男性型脱毛症)の30代男性の方に【自毛植毛のメリット】について4つの切り口で紹介していきます。

それが、「植毛プロの専門医師に相談できる!」「AGAで失われた部分に自分の髪が蘇る!」「薄毛箇所のストレスが軽減される!」「クリニックが説明する代表的なメリットは!」です。

それではさっそく見ていきましょう。

自毛植毛メリット【1】植毛プロの専門医師に相談できる!

恐らくこれが、AGA(男性型脱毛症)の30代男性に一番大きなメリットになるのではないでしょうか。

なぜなら、自毛植毛はAGAの影響を受けない自分の髪を採取し自分が希望する部分に植毛し、この先末永く付き合っていくための施術だからです。

そのために、最初のカウンセリングの段階で、AGAの進行具合と理想とする髪の毛のデザインを徹底して相談する必要があります。

このカウンセリングで、AGAによる薄毛の悩み、将来の髪の毛の不安、自毛植毛をするタイミングなど、少なくとも薄毛部分の髪の密度を上がていくための前向きな相談ができるのは、大きなメリットだと言えます。

自毛植毛メリット【2】AGAで失われた部分に自分の髪が蘇る!

今まで薄毛対策をしてきた目的は、AGAによる髪のハリやコシが失われ産毛のような頼りない毛に変わっていき、その後じわじわと脱毛していってしまうことを防ぐためでした。

そして、弱々しかった細い髪の毛が、正常なヘアサイクルととともに太くて元気な髪の毛に育てていくためでした。

でも、その過程で「自毛植毛」を検討し始めると言うことは、それまでの薄毛対策に限界を感じてきたからだと思われます。

「AGA」はこの先失われてしまうかもしれない弱々しい髪と毛根にアプローチする薄毛対策ですが、「自毛植毛」はそのAGAの影響を受けない後頭部のドナーを採取し薄毛の部分に植毛して髪の密度を上げていく薄毛対策です。

なので、30代の今現在でAGAで失われてしまった毛根部分に、自分の後頭部から採取したグラフト[株]を植毛することで、ある意味自分の髪が蘇ってくることになる分けです。

これも、AGA(男性型脱毛症)の薄毛対策に限界を感じている30代男性にとっては、大きなメリットだと言えます。

自毛植毛メリット【3】薄毛箇所のストレスが軽減される!

「自毛植毛」の場合は、大きく3つの薄毛対策で施術を行います。
それがコレです。

1.前頭部
2.頭頂部
3.前頭部+頭頂部

先ほどの「デメリット【2】」では、前頭部のおける「M字はげ」の部分になりますね。つまり、AGAを発症して前頭部のM字部分が後退してきて、産毛も毛根も失われてしまったところに自毛植毛するメリットです。

ここでは、AGAによる頭頂部の「てっぺん」部分にフォーカスします。

前頭部の「M字はげ」は前髪でなんとか隠せるわけですが、頭頂部の「てっぺん」では薄毛が進行するとなかなか隠せないのが現状です。

そのための頭頂部の薄毛ストレスも、毎日いろんな場面で起こっていると思われます。特に明るい場所や下りのエスカレーターなど、どうしても他人の目線が気になってしまいます。

そんな薄毛箇所に「自毛植毛」を施術するときは、今ある既存毛と既存毛の間を狙って後頭部から採取した元気なグラフト[株]を植毛していきます。

そして約1年後には、植毛した「移植毛」と植毛した周辺の「既存毛」が正常なヘアサイクルに入り、結果として頭頂部の髪の密度も向上しているわけです。

これも、AGA(男性型脱毛症)の進行で頭頂部の薄毛がどうしても気になっている30代男性にとっては、大きなメリットだと言えます。

自毛植毛メリット【4】クリニックが説明する代表的なメリットは!

「クリニックが説明する代表的なメリットは」ということで、まずはこちらの4つのメリットを紹介します。

自毛植毛メリット
1.移植による拒否反応はない
2.毛根が消失した部分にも対応可能
3.自然な仕上り
4.日本皮膚学会のお墨付き

これは、紀尾井町クリニックさんのホームページから引用したものです。
一つひとつの詳しい内容は、紀尾井町クリニックさんの「自毛植毛のメリットデメリット」をご覧下さい。

もちろん、他のクリニックでも「自毛植毛のメリットデメリット」については紹介していますが、いろいろリサーチして一つひとつ読み込んでいった結果、紀尾井町クリニックさんが簡潔にまとまっていましたのでここで紹介することにしました。

どうしてもクリニックさんの場合は、自毛植毛の「メリット」にせよ「デメリット」にせよ、自毛植毛を検討している一人でも多くの方に伝える使命があるでしょうから、メリットとデメリットを大きな視点と大きな視野で説明することになります。

また、クリニックが説明できる範囲の「自毛植毛のメリットデメリット」には個人差があるので、一人ひとりの悩みや不安は「当クリニックのカウンセリングを受けて下さい」となる分けです。

それでは次に、AGA(男性型脱毛症)が進行して自毛植毛を検討し始めた30代男性の方に向けて、自毛植毛の【デメリット】について見ていきます。

自毛植毛のデメリットについて!

自毛植毛の[メリット/デメリット]ということで、ここではAGA(男性型脱毛症)の30代男性の方に【自毛植毛のデメリット】について4つの切り口で紹介していきます。

それが、「自毛植毛にも限界がある。」「密度を上げると植毛範囲が狭まる。」「髪のデザインの予想が難しい。」「1年後のタイムラグがある。」です。

それではさっそく見ていきましょう。

自毛植毛デメリット【1】自毛植毛には限界がある。

実は、「自毛植毛」には限界があるんです。限界とは何かというと、後頭部から採取できるドナーの数に上限があるということです。

ヨコ美クリニックさんでは「AGAの影響を受けない範囲から採れる株の総数は5000~7000といわれ平均6000株」、紀尾井町クリニックさんでは「後頭部や側頭部から4~6回ほどの移植が可能で合計15,000本程度が上限」とホームページで説明しています。

基本的に、1つの「株(グラフト)」に生えている髪の本数は「1本毛」「2本毛」「3本毛」があるんですが、平均すると「2本毛」の割合が多いそうです。

なので、ヨコ美クリニックさんの「5000株~7000株」というのは「10,000本~14,000本」が上限とみています。紀尾井町クリニックさんの「15,000本」程度が上限とほぼ同じですね。

また採取できる回数ですが、当然ながら1回目の採取が一番良質な「株(グラフト)」を選ぶことになります。ということは回数を重ねると「1本毛」の割合が多くなったり良質な「株(グラフト)」の数も減ることになってきます。

もちろん、個人差がかなりあるので、AGAで30代男性の場合は自毛植毛の施術を受けるタイミングと植毛した後の髪のデザインがどこまで可能なのかをカウンセリングでしっかり確認する必要があるんです。

自毛植毛デメリット【2】密度を上げると植毛範囲が狭まる。

これまでにも薄毛対策をしてきたAGAの30代男性の方が自毛植毛を検討し始めるということは、薄毛の進行がそれなりに進んでいるからだと思われます。

ということは、植毛する薄毛部分の髪の密度をなるべく濃くしたい気持ちがあると思われます。

ただ、自毛植毛をしたい薄毛部分の範囲が広い場合、例えば「手のひらサイズ」くらいの場合、費用を考え植毛する本数を抑えながら「植えつけ密度」を上げようとすると希望する薄毛範囲をすべてカバーできない場合もあるんです。

これはヨコ美クリニックの今川院長がいろんな質問でよく説明していることなんですが、「十分な濃さの目標は40株/平方㎝」だそうです。

ちなみに、成人男性の手のひらの大きさが大体「100平方㎝」と言われます。

例えば、「2,500株」の植毛をした場合、「2,500÷40」=「62.5平方㎝」となり、手のひらサイズの「100平方㎝」はカバーできないことになりますね。(計算上は・・・)

ということは、費用をかけて採取する「株」数を多くするか、「植えつけ密度」を下げてカバーしたい範囲まで少しまばらに植毛していくことになるわけです。

もちろん、これも個人差がかなりあるので、あなたの予算とよく相談しながら決めていく必要があります。

一人で悩むともんもんとしてしまいますので、専門クリニックの「無料カウンセリング」で具体的に相談してみることをお勧めします。

そのクリニックで自毛植毛の施術をするかしないかは、その後自宅に帰ってゆっくり検討すればいいんです。

自毛植毛デメリット【3】髪のデザインの予想が難しい。

AGA(男性型脱毛症)の30代男性の方に向けて自毛植毛のデメリットをお伝えしていますが、この「髪のデザインの予想が難しい。」というはAGAの進行具合に個人差がかなりあるためです。

なので、クリニックのカウンセリングを受けた時点では、AGAにより髪の毛が細くなってはいるものの、髪の密度は下がっていない場合も考えられるわけです。

これもヨコ美クリニックの今川院長の質問に対する説明で、「例えば既存毛の直径が1割細くなるとボリュームは8割に下がり、2割細くなるとボリュームはたった6割になってしまいます。」とありました。

なので、自毛植毛の施術をした後も引き続きAGAの治療でお薬を併用することになると思いますが、やはりAGAは進行性があるため髪が細くなる分、髪のボリュームも下がることになります。

ということは、施術前のカウンセリングで相談していく髪のデザインも、この先のAGAの進行具合も読みながらになるので予想するのが難しくなってくるわけです。

それが次の「1年後のタイムラグがある。」にも関連していくので、さらに深掘りしてみていきます。

自毛植毛デメリット【4】1年後のタイムラグがある。

カウンセリングでは、今現在のAGAの進行具合を見ながら、自毛植毛した後の髪のデザインを決めていくことになります。恐らくその時点で、数年後のAGAの進行具合までは明確に予想できないと思います。

また、自毛植毛の「結果」というのは、1年以上経過してからでないと分かりません。ここで言う「結果」というのは、植毛した仕上がりに対するあなたの「満足度」になります。

恐らく、植毛した部分の「移植毛」に関しては、1年経過すると、しっかりと定着して正常なヘアサイクルに入り、元気な髪の毛が生えてきていると思われます。

その一方で、AGAの影響が残っている「既存毛」に関しては、施術を受けた時点と1年経過した時点では、やはり薄毛の進行具合に違いがあると考えられます。

AGAの治療を継続することで、1年後も「既存毛」の最低限の髪の太さや密度が維持できていれば、総合的な「満足度」も高いと思います。

しかし、AGAの進行が進み、その分「既存毛」がさらに細くなったり抜けたりして髪のボリュームが減ると、1年後の「満足度」も違ってくるわけです。

もちろん、これも個人差がかなりあります!

なので、AGAの治療をしている30代男性の方は、自毛植毛の施術をした「移植毛」とAGAの影響を受けている「既存毛」で、1年後の「満足度」に若干の違いあるかも知れません。

このように、AGAの「既存毛」では1年後のタイムラグがあるため、今回は「デメリット」の項目に挙げておきました。

あなた自身の[メリット/デメリット]を知るために!

ここまで、30代男性で、AGA(男性型脱毛症)の薄毛対策の一つに「自毛植毛」を検討し始めた方に、自毛植毛のメリットとデメリットを紹介してきました。

デメリットの項目を読み終わったばかりで、もしかすると気持ちが沈んでしまっている方もあるかも知れませんね。

しかし・・・!

最終的には、あなた自身が、自毛植毛を受けた場合のメリットとデメリットを知る必要があるんです。(当たり前ですね!)

なので、もし今、自毛植毛を真剣に検討されているなら、専門のクリニックで実施している「無料カウンセリング」を受けてみて下さい。

あなたが自毛植毛の施術を受けた場合の「メリット」と「デメリット」について、具体的に、そして詳細に知ることができます。

恐らく、ここまで読まれて、さらにいろいろな疑問が湧いてきている方もあると思います。それらの疑問を「無料カウンセリング」で納得できるまで質問してみて下さい。

当然ですが、「このクリニックで自毛植毛の施術を受けるかどうか」は、あなたが自由に決めることができます。絶対に、妥協しないで下さいね!

まとめ

「自毛植毛[メリット/デメリット]|30代男性AGA(男性型脱毛症)の場合では!」ということで、AGAの薄毛対策をしている30代男性の方に向けて自毛植毛のメリットとデメリットを深堀しながら紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

アイランドタワークリニックが実施した20代~50代の男性「1,600名」に実施したアンケート調査では、9個の薄毛対策に対してしっかり説明をした後に、こんな質問をしたそうです。

「それぞれの薄毛対策に対して、効果は期待できそうですか?」

その結果、20代~40代の「4人に1人以上」が「自毛植毛」に効果が期待できそうと回答しました。さらに、「20代」と「30代」では、「自毛植毛」が薄毛対策の『期待度1位』となりました。

ちなみに、「30代」での期待度2位は「生活習慣の改善」で3位は「増毛」でした。

「自毛植毛」に興味のある方は、専門のクリニックが実施している「無料カウンセリング」でしっかりと説明を受けるところから始めるといいのかも知れませんね。

こちらの記事で、「自毛植毛クリニックの選び方」について5つのポイントにまとめています。良かったら参考にして下さい。

M字ハゲで割れる!ごまかしも限界!手遅れ?自毛植毛クリニック厳選【3選】まずは無料カウンセリング!
第2項『自毛植毛クリニック【選び方】5つのポイント』で詳しくまとめています。