自毛植毛と[おでこ]のコンプレックス!20代30代40代各年齢の[おでこ]と自毛植毛の関係!

「自毛植毛と[おでこ]のコンプレックス!20代30代40代各年齢の[おでこ]と自毛植毛の関係!」について紹介しています。

30代40代の方と違って、20代の方の中には自毛植毛をする目的は他にあったりすることが分かりました。

また、施術後の[おでこ]や[まぶた]の腫れについても紹介していますので、良かったら参考にして下さい。

●おすすめの「自毛植毛クリニック」がコレ!

アイランドタワークリニック:国内シェア「60%」超で2万人以上の治療実績がある自毛植毛クリニックです。
ヨコ美クリニック:一度の手術で7000本のメガ植毛が可能という自毛植毛クリニックです。
湘南美容クリニック:4つのCCDカメラが搭載された最先端の植毛ロボットを採用している自毛植毛クリニックです。

自毛植毛と[おでこ]のコンプレックス!

「自毛植毛と[おでこ]のコンプレックス!」ということで、ここでは20代30代40代の各年齢での「[おでこ]と自毛植毛の関係」ついて紹介していきます。

ところで、[おでこ]の生え際のヘアラインって、思春期から大人の男に成長していく過程で変化していくのをご存じでしたか?

特に「20歳」前後で変化していくパターンが多いそうです。

これは、ヨコ美クリニックの今川院長がとても分かりやすく説明していたので紹介します。

思春期前は男女ともにダウンスロープ型の生え際ですが、男性は多くの場合ソリっぽくヘアライン真ん中が一番低い位置のアップスロープ型に移行していきます。これとAGAとは違います。
引用:「成人型おでこへの移行とは」より

「ダウンスロープ型」から「アップスロープ型」に移行とありますね。図解にしてみるとこんな感じだと思います。

自毛植毛と[おでこ]のコンプレックス!20代30代40代各年齢の[おでこ]と自毛植毛の関係!

分かりやすくするために「アップスロープ型」をちょっと極端に描いていますが、20歳前後で[おでこ]の生え際のヘアラインが変化していくわけです。

この「アップスロープ型」の大人のヘアラインになってから、年齢とともに[おでこ]と自毛植毛の関係がいろいろ出てくるわけです。

ということで、早速、20代30代40代の各年齢での「[おでこ]と自毛植毛の関係」ついて見ていきましょう。

20代の[おでこ]と自毛植毛の関係!

「20代の[おでこ]と自毛植毛の関係」においては、大きく分けると2つのパターンがあるようです。

一つ目が、「生まれつきおでこが広くてコンプレックスになっている。自毛植毛でそのコンプレックスを治したい。」
もう一つが、「おでこのヘアラインが気に入らないので修正したい。薄毛の治療というより美容寄りで自毛植毛を検討したい。」

前者の20代の方の場合は、「生まれつきおでこが広い」というコンプレックスで自毛植毛を検討しているんですが、もちろん自毛植毛でヘアラインをデザインすることは可能です。

また後者の20代の方の場合は、美容寄りでおでこのヘアラインは整えるために自毛植毛を検討するしています。もちろん、こちらも自毛植毛でヘアラインをデザインすることは可能です。

ただし、特に20代前半の方は、もともとある「既存毛」が年齢とともに薄毛などで変化していく可能性も十分に考えらますので、専門クリニックのカウンセリングで髪や頭皮の状態はもちろん、AGAに関してもよく相談することをお勧めします。

30代の[おでこ]と自毛植毛の関係!

「30代の[おでこ]と自毛植毛の関係」においては、やはり「生え際の後退」が気になって自毛植毛を検討し始める方が多い傾向にあるようです。

特に、営業がメインの30代ビジネスパーソンになると、フェイスツーフェイスでお客様と顔を突き合わせる機会が多いので、[おでこ]の生え際の後退はどうしても気になるところです。

この場合、AGA(男性型脱毛症)が原因で後退しているのか、ストレスや生活習慣等で髪に栄養届いていないため髪が細くなっているのか、さまざまなことが考えられます。

なので、もしかすると自毛植毛の施術に踏み切る前に、まだまだいろいろな薄毛対策ができる段階かも知れません。

いろいろリサーチしていると見かけることがありますが、[おでこの広さ]を測る基準として「指4本」というのを聞いたことがあるでしょうか。

おでこと眉の間に指が4本入るくらいであれば心配しなくてもいいそうです。つまり、「普通ですね」ということです。
(※あくまで、その場で測れるひとつの目安に過ぎません。)

40代の[おでこ]と自毛植毛の関係!

「40代の[おでこ]と自毛植毛の関係」においては、先ほどの30代の「おでこが広い」という段階よりも、さらに進行して「M字の後退」が気になっている段階の方が多いのではないでしょうか。

恐らく、30代に入ったあたりから[おでこ]が気になり始め、40代に入ってからは生え際の「M字」が気になり始めた、という時間の経過がある方が多いかも知れません。

恐らく、これまでにもいろいろな薄毛対策を試してきたと思われます。

ところが、40代に入ってさらに「M字の後退」が気になり、薄毛対策の中に自毛植毛も視野に入れていろいろ調べている段階なのだと思います。

そんな40代の方には、自毛植毛を専門に扱うクリニックの「無料カウンセリングを受けてみるという選択肢を持つことをおすすめします。

自毛植毛の「施術」といっても、これは麻酔を使った「手術」となるので、実際にあなたの髪の毛と頭皮を診ないことには、自毛植毛の専門家と言えどもはっきりしたことは分からないわけです。

もし、自毛植毛も視野に入れているのであれば、2つ以上のクリニックで無料カウンセリングを受けてみて下さい。クリニックを比較検討できるのはもちろんですが、自毛植毛についてより深く理解できるはずです。

もちろん、無料カウンセリングを受けたからといって、そのクリニックで施術を受けなければならない義務は一切ありません。

少なくとも、今もんもんとしている気持ちが、少しは晴れてくれるのではないでしょうか。

自毛植毛で[おでこ]や[まぶた]が腫れるって本当?

これについては、ヨコ美クリニックの今川院長が自身のホームページで回答している内容をそのまま紹介しいます。

質問者さんは2回目の自毛植毛を検討している方で、前回7日ほど腫れていたそうです。そして今回、仕事の関係で6連休しか取れなので、麻酔を少なめにして我慢すれば腫れは5日程で引くかどうかを質問していました。

「麻酔を少なめ」って、かなりビックリする質問なんですが、今川院長はこの様に回答していました。

麻酔の量が多い方がハレる確率は高いのは確かですが、だからといって痛みをガマンしていただくべきではないと思います。
まぶたのハレはどなたにも起こるわけではありません。当院では植毛を受けた方の1割ていどの頻度だろうと思います。
したがって前回それが起こったとしても次回また起こるとも限りませんが、1回目にそのようなことがあった方にはステロイドを調整した特別な溶液を使用するとハレが圧倒的に少なくなるので実施しております。
引用:「術後の腫れについて」より

ここで分かることは、

・ヨコ美さんでは、腫れは1割程度の患者さんにあるそう。
・前回腫れを経験した方には、腫れの対策は用意できるそう。
・自毛植毛を受ける時は、まとまった休みを取った方がいい。

といったところでしょうか。

自毛植毛の「施術」には「FUE法」「FUE法」「クリニック独自の施術法」といろいろありますが、いずれにせよ麻酔を使った手術をするので、施術後の[おでこ]の腫れ[まぶた]の腫れは可能性があると思っておいた方がいいかも知れませんね。

もちろん、各クリニックのカウンセリングでも術後の経過については説明がありますが、初めて自毛植毛の施術をされる方はこの様な「腫れ」についても良く確認しておくことをおすすめします。

また、できればまとまった休みが取れるように、前もって準備しておくことも大切ですね。特にサラリーマンの方は、有給などを上手く活用するといいのかも知れません。

まとめ

「自毛植毛と[おでこ]のコンプレックス!20代30代40代各年齢の[おでこ]と自毛植毛の関係!」ということで、各年齢の[おでこ]と自毛植毛の関係と施術後の[おでこ]や[まぶた]の腫れについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

各年代で[おでこ]のコンプレックスが微妙に違ってくるのはもちろんですが、同じ年代でも[おでこ]の悩みはさまざまです。

その延長線上に「自毛植毛」という選択肢があるなら、いろいろ調べた後はどこかの段階で専門クリニックの無料カウンセリングを受けてみるという選択肢を入れてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事で、「自毛植毛クリニックの選び方」について5つのポイントにまとめています。良かったら参考にして下さい。

M字ハゲで割れる!ごまかしも限界!手遅れ?自毛植毛クリニック厳選【3選】まずは無料カウンセリング!
第2項『自毛植毛クリニック【選び方】5つのポイント』で詳しくまとめています。