自毛植毛のタイミングは薄毛がどうなっている時なのか?それは・・・。

「自毛植毛のタイミングは薄毛がどうなっている時なのか?それは・・・。」について紹介しています。

ここでは2つの大きなコンテンツ、「自毛植毛を決断するタイミングはいつなのか?」「自毛植毛の施術を決断する本当のタイミングはココ!」に分け、それぞれ深掘りして紹介していきます。

深掘りしているコンテンツは、この下にある「目次」を確認してもらうと詳細が分かります。良かったら参考にして下さい。

●おすすめの「自毛植毛クリニック」がコレ!

アイランドタワークリニック:国内シェア「60%」超で2万人以上の治療実績がある自毛植毛クリニックです。
ヨコ美クリニック:一度の手術で7000本のメガ植毛が可能という自毛植毛クリニックです。
湘南美容クリニック:4つのCCDカメラが搭載された最先端の植毛ロボットを採用している自毛植毛クリニックです。

自毛植毛を決断するタイミングはいつなのか?

「自毛植毛を決断するタイミングはいつなのか?」ということで、自毛植毛を決断するタイミングについて紹介していきます。

よく言われる自毛植毛のタイミングは、「薄毛が気になり始めたとき」ですね。でも、はっきり言って、どうもそんなに単純な話しではないようです。

ここでは3つのコンテンツ「髪の密度で自毛植毛のタイミングを決断」「前頭部(M字ハゲ)で自毛植毛のタイミングを決断」「頭頂部(てっぺんハゲ)で自毛植毛のタイミングを決断」「育毛剤と内服と自毛植毛のそもそもの違い」について見ていきます。

それでは始めましょう。

髪の密度で自毛植毛のタイミングを決断

一般的に「自毛植毛のタイミングは、薄毛が気になり始めたとき」とよく言われます。とは言っても、「薄毛が気になり始める」タイミングは、個人差や年齢によってもかなり違います。

ただ、専門家から見た「薄毛のレベル」というものがあるんです。それが自毛植毛をした後の「髪の密度」と関係してくるんです。

ヨコ美クリニックの今川賢一郎院長が「植毛完全ガイド」という書籍の中で、海外での自毛植毛による植え付け密度の理論から「薄毛のレベル」について紹介しています。
それがコレです。

レベル①:完全なハゲ状態(0%)
レベル②:かなり薄いと感じる状態(20~25%)
レベル③:薄毛に気づく頃の状態(40~50%)
レベル④:ハゲていない状態(100%)

カッコの中の「%」が髪の密度で、ハゲていない状態が「100%」で完全にハゲてしまった状態が「0%」ということです。

今川院長の説明では、一般的に言われる自毛植毛では「レベル①」の髪の状態を最終的に「レベル③」の状態までもっていくことを目標としているそうです。

つまり、鏡など見て「何だか薄毛になっているような・・・」と気づき始めたころの状態まで、自毛植毛で髪の密度を多くしていくわけです。

ということは逆に、今この記事を読まれている方のほどんどが、「レベル①」の段階で育毛剤などの薄毛対策をやり始め、「レベル②」の段階で自毛植毛を検討し始めているのではないかと考えられます。

なので、薄毛対策はいろいろやってはいるけど「かなり薄い」と感じている段階が、一つのタイミングになっているわけです。

前頭部(M字ハゲ)で自毛植毛のタイミングを決断

「前頭部(M字ハゲ)で自毛植毛のタイミングを決断」ということで、ここでは『前頭部のM字ハゲ』にフォーカスして自毛植毛のタイミングを見ていきます。

前頭部のM字のヘアラインが後退しているということは、恐らく育毛剤などの薄毛対策でどうするといった段階ではないのかも知れません。かなり薄毛対策の選択肢が少なくなっていると思います。

先ほどの今川院長の「植毛完全ガイド」で言えば、後退してしまった部分は「レベル①」の完全にハゲてしまった状態にあると考えられます。

ということは、もう自毛植毛で対策をするタイミングに来ているとも言えるのかも知れません。

そして、自毛植毛の施術をすることで1年後には、M字のヘアラインが改善されいろんな髪型を楽しんでいることを目標にしていくと思われます。

頭頂部(てっぺんハゲ)で自毛植毛のタイミングを決断

「頭頂部(てっぺんハゲ)で自毛植毛のタイミングを決断」ということで、ここでは『頭頂部のてっぺんハゲ』にフォーカスして自毛植毛のタイミングを見ていきます。

頭頂部の「てっぺんハゲ」としていますが、細かく言えば「てっぺんやつむじ部分がかなり薄くなり、地肌が見えてハゲが目立っている」状態となります。

この『頭頂部のてっぺんハゲ』が気になり自毛植毛の施術を決断するタイミングというと、頭頂部に光が当たらなければそれほど気にならないけど光りが当たると地肌が透けて見えている状態が、検討する一つのタイミングになるのではないでしょうか。

ただ、何度か登場する今川院長のお話しでは「ツムジは植毛で濃くできても周りがまた薄くなったりと、いたちごっこもありうる」という捉え方があるんです。

ということは、あなたが自分の『頭頂部のてっぺんハゲ』を確認して自毛植毛を決断したタイミングで、プロの専門医は残っている「既存毛」がこの先どのようになっていくかを見極める必要があるわけです。

もしかすると、何年かかけて2回目3回目の自毛植毛を提案するかも知れませんし、デンスパッキングやメガセッションといった1回で決めてしまう自毛植毛を提案するかも知れません。

どちらも、自毛植毛にかかる費用面との相談になるので、「予算をどこまで組めるか?」についてもタイミングの一つになりますね。

育毛剤と内服と自毛植毛のそもそもの違い

自毛植毛の決断をされる前に、いろんな薄毛対策をされている方が多いです。生活習慣の改善から始まり、育毛剤、プロペシアやミノキシジルの内服など、いろいろありますね。

そこで、「育毛剤と内服と自毛植毛のそもそもの違い!」ということで、紀尾井町クリニックさんの柳生医師が公式ホームページに寄せられた質問にとても分かり易く回答していたので、該当する部分を引用して紹介します。

・「育毛剤の効果は、細いうぶ毛が太めのうぶ毛に変わる程度です。正常の太い毛にもどるわけではありません。」
・「プロペシアは確かに効果的な育毛剤ですが、薄毛の進行を遅らせて現状維持をはかることが、実際の効果です。薄毛の進行を止めることはできません。」
・「自毛植毛は、正常の太い髪が生涯生え続ける治療法ですので、移植毛だけで生涯楽しめる髪型が作れるように目指して、治療プランを立てていきます。」
引用:「2度目の植毛のタイミング等について」より

いかがでしょうか。

ここでは「育毛剤や内服」「自毛植毛」を区別して見ていきます。

柳生医師の説明から。育毛剤は「細いうぶ毛が太めのうぶ毛に変わる程度」、内服は「薄毛の進行を遅らせて現状維持をはかる」というように、それぞれの目的があることが分かります。

その一方で、自毛植毛は「正常の太い髪が生涯生え続ける治療法です」と説明されています。

つまり、AGAなどの影響を受けない後頭部から平均して2本毛のグラフト[株]を採取して、髪の密度が必要なところに植毛するのが自毛植毛になります。

だから、自毛植毛でしっかり定着して正しいヘアサイクルに入れば、植毛した「移植毛」は生涯生え続けてくれるわけです。

まずは、この違いはしっかり区別しておく必要があるんです。

自毛植毛で植毛した「移植毛」は定着したらもう心配する必要がないんです。問題は、その周辺に元々ある「既存毛」をどうケアしていくかになるんです。

だから、自毛植毛の施術をした後も、育毛剤や内服を継続していく方が多いわけです。この辺りは、カウンセリングで細かく説明されるので良く確認しておいて下さい。

自毛植毛の施術を決断する本当のタイミングはココ!

ここまでの「自毛植毛を決断するタイミング」というのは、まだいろいろ調べている段階のタイミングになります。

もうちょっと具体的に言うと、「次の行動に出るタイミング」を探している段階になりますね。

何を言っているのかというと、自毛植毛の施術を決断するまでには何段階か「次の行動に出るタイミング」があります。
それが以下の流れです。

「不安に思う」→「調べる」→「相談する」→「準備する」→「施術する」

そして、今あなたがこの記事を読んでる段階は、2番目「調べる」という行動ですね。

それでは、自毛植毛の「次の行動に出るタイミング」ということで、ここからは『クリニックのカウンセリングで納得できたとき』『あなた自身の身の回りの準備が整ったとき』について深掘りして紹介していきます。

クリニックのカウンセリングで納得できたとき

いろいろ薄毛対策はしているが薄毛がさらに進行して不安に思い「自毛植毛」についていろいろ調べている段階では、まだ「自毛植毛の決断をするタイミング」にはなっていませんね。

あなたが「自毛植毛の決断をする本当のタイミング」は、クリニックの「カウンセリング」を受けてからでないと分かりません。なぜなら、あなたの「髪の毛」と「頭皮の状態」を診ないことには判断がつかないからです。

ごく当たり前の話しをしているんですが、ここでとても大切なポイントがあります。それが「あなたが納得している」ということです。

カウンセリングでも分かり易く自毛植毛を説明してくれますが、問題は「あなたの場合はどうなのか」が大切なことです。

なので、今いろいろ調べている段階で、素朴に思ったことや不安に思ったことはメモに書き出して下さい。その回答がどこかのサイトで書かれていたとしても、もしかするとあなたの場合は若干違うかも知れません。

そして、書き出したメモを持って、クリニックのカウンセリングを受けて下さい。そして、その疑問を納得がいくまで確認して下さい。

その結果、「あなたが納得」できたなら、それが自毛植毛の施術を決断する本当のタイミングになるはずです。

あなた自身の身の回りの準備が整ったとき

さて、あなたは自毛植毛の施術日当日に向け、身の回りの準備は全て整っているでしょうか。

いろいろ調べていると、「自毛植毛は日帰りで簡単」みたいな内容も目にすることがあります。確かに、入院することなく施術後はそのまま帰宅できてしまいます。

でも、前もってしっかり準備は整えておくことがとても大切です!

どんな準備かといと、「費用」「休み」です。

自毛植毛の費用に関しては、カウンセリングで見積もりが出ます。単純に言えば、あなたが希望する髪の本数(髪の密度)によってトータル金額が決まってきます。

その費用を一括で支払うのか、医療ローンを組んで分割して支払うのか、費用面の検討ししていく必要があります。

また、施術後の「休み」に関しては、最低でも5日間、出来れば7日間の休みを取れるようにするといいですね。これもカウンセリングで、施術直後の経過について詳しく確認することが大切です。

「定着」「赤いカサブタ」「はれ」といった、自毛植毛ならではの施術直後の一連の経過がありますので、まとまった休みが取れる準備をしていく必要があります。

この「費用」と「休み」がしっかり準備できたら、これも自毛植毛の施術を決断する本当のタイミングになりますね。

まとめ

「自毛植毛のタイミングは薄毛がどうなっている時なのか?それは・・・。」ということで、2つの大きなコンテンツ「自毛植毛を決断するタイミングはいつなのか?」と「自毛植毛の施術を決断する本当のタイミングはココ!」に分けてそれぞれ深掘りして紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

自毛植毛を決断するタイミングは人それぞれで自分のタイミングで決めればいいんですが、でも最終的なタイミングは2項目の『自毛植毛の施術を決断する本当のタイミングはココ!』で紹介した「クリニックのカウンセリングで納得できたとき」「あなた自身の身の回りの準備が整ったとき」で決まると思います。

こちらの記事で、「自毛植毛クリニックの選び方」について5つのポイントにまとめていますので、合わせて参考にしてみて下さい。

M字ハゲで割れる!ごまかしも限界!手遅れ?自毛植毛クリニック厳選【3選】まずは無料カウンセリング!
第2項『自毛植毛クリニック【選び方】5つのポイント』で詳しくまとめています。