自毛植毛の年齢を3つの視点でまとめると!20代30代40代男性の方へ。

「自毛植毛の年齢を3つの視点でまとめると!20代30代40代男性の方へ。」ということで、まずは3つの視点と「自毛植毛の年齢」の関係をひも解いていきます。

その次に、20代30代40代50代における自毛植毛の「期待度」について調査データを元に紹介していきますので、良かったら参考にして下さい。

ちなみに、調査データというのは、自毛植毛専門の「アイランドタワークリニック」さんが20代~50代の男性「1,600名」を対象に「薄毛」に関する調査を実施したレポートになります。

とても参考になる調査結果が出ましたので、こちらも参考にしてみて下さい。

●おすすめの「自毛植毛クリニック」がコレ!

アイランドタワークリニック:国内シェア「60%」超で2万人以上の治療実績がある自毛植毛クリニックです。
ヨコ美クリニック:一度の手術で7000本のメガ植毛が可能という自毛植毛クリニックです。
湘南美容クリニック:4つのCCDカメラが搭載された最先端の植毛ロボットを採用している自毛植毛クリニックです。

自毛植毛の年齢を3つの視点でまとめると!

「自毛植毛の年齢を3つの視点でまとめると!」ということで、ここでは「ヘアライン」「薄毛対策(AGAなど)」「かかる費用」の3つの視点と「自毛植毛の年齢」の関係をひも解いていきます。

恐らく「自毛植毛 年齢」と検索して調べている方は、20代30代40代の方が圧倒的に多いと思います。なぜなら、その年代が薄毛で悩んでいる方が一番多い年齢でもあるからです。

「自分と同じ年齢で自毛植毛をする人はいるのだろうか?」
「自分と同じような髪の状態で自毛植毛をする人はいるのだろうか?」
「自毛植毛の費用がとても高くて大きな壁になっているけど何とかならないの?」
などなど。

何か一つでも解決につながるヒントになれば幸いです。

自毛植毛[年齢]視点【1】ヘアライン

自毛植毛の年齢における1つ目の視点として「ヘアライン」があります。

つまり、「ヘアラインのデザインを変えたい!」「おでこが広くて額を狭くしたい!」といった、前髪の生え際を何とかしたいと思っている方になります。

なので、年齢的には20代30代40代と幅広い年代の方に共通する悩みになってきます。
※AGA(男性型脱毛症)に関してはこの後の視点で見て行きます。

たとえば、20代の方でも、「おでこが広い」ことを学生の時から気にしていて、社会人になって自毛植毛を検討される方もあります。

ヨコ美クリニック」の今川院長も「一般的にはヘアラインはつむじよりも植毛の得意とする範囲だと思います。」と言っています。

つまり、頭頂部など薄毛で残っている既存毛の間に植毛するよりも、前髪など髪がない生え際に植毛する方が、自毛植毛が効率よく施術できるわけです。

ただ、生え際の既存毛の髪の密度に合わせて高密度の植毛をしていく必要があるので、それなりに医師の技術も必要になってきます。

こちらの記事で、自毛植毛クリニックの選び方について紹介していますので、良かったら参考にしてください。

M字ハゲで割れる!ごまかしも限界!手遅れ?自毛植毛クリニック厳選【3選】まずは無料カウンセリング!
第2項『自毛植毛クリニック【選び方】5つのポイント』で詳しくまとめています。

自毛植毛[年齢]視点【2】薄毛対策(AGAなど)

自毛植毛の年齢における2つ目の視点として「薄毛対策」があります。

そして「薄毛」とあるんですが、さらに2つのパターンがあります。1つが「もともと髪が細く地肌が見えそうな薄毛」、もう一つが「AGA(男性型脱毛症)と診断され脱毛が進行した薄毛」です。

前者の「もともと髪が細く地肌が見えそうな薄毛」の方は、年齢とともに1本1本の髪が弱々しくなって薄毛が目立ち始めていると考えられます。

なので、自毛植毛をした後も既存毛へのケアをしていくとで、髪の密度も維持していけると思われます。

問題は、後者の「AGA(男性型脱毛症)と診断され脱毛が進行した薄毛」の方になります。

基本的にAGA(男性型脱毛症)は、思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことを言います。(※Wikipediaより)

ということは、年齢が20代前半でAGA(男性型脱毛症)で薄毛が始まっている方もあるわけです。

これは「アイランドタワークリニック」が調査したレポートなんですが、「20代男性で薄毛の認識を持っている人は54%」という調査結果が出ています。
(※2019年度調査レポート

この中にAGA(男性型脱毛症)の方が何%なのかはわかりませんが、AGAを発症し自毛植毛を検討している20代の方がいるのも事実です。

その場合、自毛植毛クリニックのほぼ共通した見解としては、20代のAGAはまだ初期段階であることが多く、薄毛の具合や脱毛の進行具合をしばらく様子見することを推奨しています。

つまり、AGAの初期段階で自毛植毛をしても、脱毛症が進行していくと植毛した部位だけに髪が残り、全体的な髪の密度がアンバランスになるだけでなく、再度植毛をする必要が出てきてしまうわけです。

なので、特に年齢は20代と若い方が自毛植毛を検討される場合は、自毛植毛クリニックで実施している無料カウンセリングで、今のあなたの薄毛の状態についてじっくり相談することが大切です。

自毛植毛[年齢]視点【3】かかる費用

自毛植毛の年齢における3つ目の視点として「かかる費用」があります。つまり、自毛植毛にかかる最終的なトータル費用です。

おそらく「自毛植毛は費用が高い!」というのは、20代30代40代の年齢にかかわらず誰もが感じるところだと思います。

特に20代の方にとっては、とてもハードルが高い大きな壁になってきますね。

そこでクリニックでも、医療ローン(メディカルローン、植毛ローン)が組めるカードローン会社と提携して、自毛植毛にかかえう費用を分割で支払える支払方法を用意しています。

支払回数は、基本は「30~60回」なんですが、アイランドタワークリニックの場合は最大「84回」の支払いが可能になっています。月々の支払金額がかなり抑えられるので助かります。

例えば、アイランドタワークリニックで移植毛髪本数「1,200本(500グラフト[株])」の自毛植毛をした場合、頭金「20万円」で「84回」支払いの医療ローンを利用すると、月々「7,200円」の支払いとなります。

これはあくまで一例に過ぎません。しかし、費用がとても高いイメージがある自毛植毛の施術が、医療ローンを利用すると現実可能な身近な存在になってきますね。

もちろん、自毛植毛の医療ローンは、20代だけでなく30代40代以上の年齢の方々も利用している方が多いそうです。

サラリーマンの方であればボーナスを併用したり、資金が貯まったところで繰上返済をすることで、月々の支払金額を安くしたり支払期間を短くすることができますね。金利もその分抑えられます。

自毛植毛の安い「基準」は2つあった!結局あなたはどっち?
費用を安く抑えるためのあなた自身の基準を持つ必要があります。それがこの2つの基準です。

20代30代40代の「25%」以上が自毛植毛に期待!

「20代30代40代の「25%」以上が自毛植毛に期待!」ということで、これは先ほど「自毛植毛[年齢]視点【2】薄毛対策(AGAなど)」の項目でも紹介したアイランドタワークリニック調査レポートで紹介されている内容です。

20代~50代の男性「1,600名」を対象に「薄毛」に関する調査を実施したレポートの中に、「薄毛対策」についての質問がありました。

まず、「薄毛対策」の項目は以下の通りです。

・増毛
・生活習慣の改善
・自毛植毛
・発毛サロン
・人工植毛
・かつら
・治療薬の服用
・育毛剤(医薬品)
・育毛剤(医薬部外品)

これらの「薄毛対策」について一通り説明を行った後に、こんな質問をしてみました。

質問『それぞれの薄毛対策について効果を期待していますか?』

その結果、20代~50代のトータルでの期待度「トップ3」は以下の通りとなりました。

1位:増毛(55.7%)
2位:生活習慣の改善(53.4%)
3位:自毛植毛(52.5%)

まずここで注目したいのは、上記の質問をする前に行った薄毛対策の「認知度・理解度」の調査では、「自毛植毛」が最下位にありました。

それくらい、「自毛植毛」を知らなかった人が多かったわけです。

ところが、それぞれの薄毛対策についてちゃんと説明を受けた後に期待度の質問をすると、「自毛植毛」『期待度3位』に浮上してくるんです。

さらに・・・

「20代」と「30代」だけで期待度を見ていると、こんな結果になりました。

「20代」の薄毛対策の期待度トップ3
1位:自毛植毛(25.5%)
2位:増毛(25.5%)
3位:生活習慣の改善(25.3%)
「30代」の薄毛対策の期待度トップ3
1位:自毛植毛(27.0%)
2位:生活習慣の改善(26.5%)
3位:増毛(26.0%)

つまり・・・

「薄毛対策」の期待度を世代別でみると、20代「25.5%」と30代「27.0%」となり『4人に1人以上』「自毛植毛に効果が期待できそう!」と回答し、20代と30代では自毛植毛が薄毛対策の『期待度1位』という結果になりました。

この結果から・・・

「自毛植毛の年齢」という切り口で最初に3つの視点で見てきましたが、正直言ってまだまだ「自毛植毛」の認知度や理解度はとても低いです!

だからこそ、専門の自毛植毛クリニックが実施している「無料カウンセリング」に申し込みをして、まずは自毛植毛についてしっかりと説明を受け、さらに、分からないことや不安に思うことは納得できるまでしっかりと質問して下さい。

その後、自毛植毛の施術をするかどうかじっくりと検討すればいいわけです。そのためにも、2つ以上のクリニックで「無料カウンセリング」を受けることをおすすめします。より具体的に比較検討することができます。

こちらの記事で、「自毛植毛クリニックの選び方」について5つのポイントにまとめていますので、良かったら参考にして下さい。

M字ハゲで割れる!ごまかしも限界!手遅れ?自毛植毛クリニック厳選【3選】まずは無料カウンセリング!
第2項『自毛植毛クリニック【選び方】5つのポイント』で詳しくまとめています。

まとめ

「自毛植毛の年齢を3つの視点でまとめると!20代30代40代男性の方へ。」ということで、「自毛植毛の年齢を3つの視点でまとめると!」と「20代30代40代の「25%」以上が自毛植毛に期待!」の2つの切り口で「自毛植毛の年齢」について見てきましたが、いかがだったでしょうか。

やはり、薄毛対策でいろいろ悩む年齢は、20代30代40代が一番多いです。その薄毛対策の中で、近年徐々に「認知度」を上げてきているのが「自毛植毛」になります。

自毛植毛の「理解度」に関しては、クリニックが実施している「無料カウンセリング」に申し込めば、あなたの「年齢」と「髪の状態」に合わせた自毛植毛の「施術法」を具体的に説明してくれます。

自毛植毛に興味があっていろいろ調べはするけどその度にいつももんもんとしている方は、年齢に関係なく自毛植毛クリニックの無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。少なくとも、そのもんもんとした気持ちは一気に晴れると思います。