「自毛植毛の安い「基準」は2つあった!結局あなたはどっち?」について紹介しています。

自毛植毛って高いですよね。だから「自毛植毛の費用をできるだけ安い価格に抑えたい!」わけです。

そのためには、費用を安く抑えるための「あなた自身の基準」を持つ必要があります。

この記事では、自毛植毛の費用をできるだけ安く抑えるための2つの基準と自毛植毛クリニックの選び方について紹介していきます。

●おすすめの「自毛植毛クリニック」がコレ!

アイランドタワークリニック:国内シェア「60%」超で2万人以上の治療実績がある自毛植毛クリニックです。
ヨコ美クリニック:一度の手術で7000本のメガ植毛が可能という自毛植毛クリニックです。
湘南美容クリニック:4つのCCDカメラが搭載された最先端の植毛ロボットを採用している自毛植毛クリニックです。

自毛植毛の安い「基準」には2つある!

自毛植毛の安い「基準」には2つある!ということで、自毛植毛の費用をできるだけ安く抑えるための2つの基準について紹介していきます。

その2つの基準というのが、「あなたの髪の状態」「あなたが望む毛量」になります。

それでは、自毛植毛の費用をできるだけ安く抑えるための2つの基準について、『あなたの髪の状態で自毛植毛の安い「基準」が変わる』『あなたが望む毛量で自毛植毛の安い「基準」が変わる』を紹介していきます。

あなたの髪の状態で自毛植毛の安い「基準」が変わる

ここで言う「あなたの髪の状態」とは、「あなたの薄毛の具合」を言います。大きく分けると4パターン「M字」「頭頂部」「M字+頭頂部」「M字+頭頂部+全体」の具合になります。

それぞれの「薄毛の具合」で、自毛植毛するグラフト[株]の本数が違ってくるので、必然的に自毛植毛にかかる費用も変わってきます。

※ちなみに、グラフト[株]とは、移植する「毛包」の数を数える単位となります。

先ほどの4パターンの「薄毛の具合」と「グラフト[株]の本数」はこんな目安になります。

「M字」
・グラフト:300~500株
・料金目安:35万~80万

「頭頂部」
・グラフト:500~1500株
・料金目安:35万~200万

「M字+頭頂部」
・グラフト:1000~2000株
・料金目安:60万~250万

「M字+頭頂部+全体」
・グラフト:2000~3000株
・料金目安:120万~400万

あなたが望む毛量で自毛植毛の安い「基準」が変わる

それでは、今現在の「あなたの髪の状態」「あなたの薄毛の具合」は、どんな状態でしょうか?そして、自毛植毛をすることで、どのくらいの髪の量を望んでいますか?

もしかすると、「薄毛」というより、「M字はげ」や「頭頂部はげ(てっぺんはげ)」を自毛植毛で改善したいと悩んでいる方の方が多いのかも知れませんね。

ここでは、自毛植毛の安い「基準」を「あなたが望む毛量」から見てみます。

まず一般的には、前髪の生え際「前頭部」の植毛の方がグラフト[株]の本数も少なくて済むと言われます。なので、「M字はげ」部分の自毛植毛が比較的安いとなりますね。
(※個人差があります。この後に深掘りして紹介していきます。)

次に「頭頂部」については、髪の密度を高くしていく植毛になるのでグラフト[株]の本数もそれなりに必要になってきます。なので、「頭頂部はげ(てっぺんはげ)」の自毛植毛では前頭部と比べ安いとは言えないかもしれません。
(※個人差があります。この後に深掘りして紹介していきます。)

いずれにしても、あなたが望む毛量、つまり「グラフト[株]の本数」が多くなればその分費用も高くなりますので、自毛植毛の安い「基準」はあなたが望む毛量に大きく左右されるわけです。

あなたの髪の状態はどのパターン?

先ほどの「あなたの髪の状態で自毛植毛の安い「基準」が変わる」で「髪の状態のパターン」を紹介しましたが、はっきりと「このパターンです!」と言い切れない方も多いのではないでしょうか。

さらに言えば、例えば同じ「前頭部」の薄毛でも、「生え際」が後退し始めているのか「M字はげ」が進行しているのかは人によってさまざまです。なので、今「自毛植毛」を検討するタイミングなのかも人によって大きく違ってきます。

そのために、自毛植毛の施術をする前の「カウンセリング」がとても大切になるんです。

ただここで心配になるのが、「カウンセリングした後に勧誘されるのではないか?」「髪の診断までしてもらって断れない雰囲気になるのでは?」といったことです。

なので、しつこい勧誘のない「無料カウンセリング」をしてくれるクリニックを選ぶ必要があるんです。

こちらの記事で、「自毛植毛クリニックの選び方」について5つのポイントにまとめていますので、良かったら参考にして下さい。

M字ハゲで割れる!ごまかしも限界!手遅れ?自毛植毛クリニック厳選【3選】まずは無料カウンセリング!
第2項『自毛植毛クリニック【選び方】5つのポイント』で詳しくまとめています。

自毛植毛であなたが望む毛量はどのくらい?

「自毛植毛を検討してみよう!」と思われたあなたが望む毛量は、どのくらいの髪のボリュームを持たせたいと考えていますか?

先述の「あなたが望む毛量で自毛植毛の安い「基準」が変わる」では、「M字はげ」と「頭頂部はげ(てっぺんはげ)」を区別して紹介しました。

でも、はっきり言って自毛植毛で「薄毛」や「はげ」を対策したいと考えている段階は、他人の目も気になるほど進行していることを自覚されているのではないでしょうか。

ということは、まずはあなたが望む髪の量や理想としているヘアスタイルを手に入れるために、何本のグラフト[株]が必要になるのか知っておく必要があるわけです。

その必要なグラフト[株]の本数がそのまま自毛植毛の費用になるので、それがあなたが考える自毛植毛の安い「基準」になるかどうか判断できるわけです。

自毛植毛クリニックが実施している「無料カウンセリング」を受けることで、その判断材料はすべてそろいます。もちろん、資料が全てそろってから、自毛植毛をするかどうか決めていいんです。

出来たら、2つ以上のクリニックで比較検討した方がいいですね。

●おすすめの「自毛植毛クリニック」3つ!

アイランドタワークリニック:国内シェア「60%」超で2万人以上の治療実績がある自毛植毛クリニックです。
ヨコ美クリニック:一度の手術で7000本のメガ植毛が可能という自毛植毛クリニックです。
湘南美容クリニック:4つのCCDカメラが搭載された最先端の植毛ロボットを採用している自毛植毛クリニックです。

まとめ

「自毛植毛の安い「基準」は2つあった!結局あなたはどっち?」ということで、自毛植毛の費用をできるだけ安く抑えるための2つの基準について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

自毛植毛の費用を安く抑えるためには、あなたの今の髪の状態と自毛植毛の施術を受けた後にあなたが望む髪の毛の量で決まることが分かってきました。

さらに、希望する髪の量と理想とするヘアスタイルが自毛植毛で実現できるかどうかは、実際に自毛植毛クリニックの無料カウンセリングを受けることで判断できることも分かってきました。

何度も言いますが、無料カウンセリングを受けたからといって、そのクリニックで自毛植毛の施術をしなければならない義務は一切ありません。

今抱えている悶々とした気持ちが、無料カウンセリングに申込むことで、前向きで晴れやかな気持ちになれるかも知れません。

そしてこの先、当サイトで紹介しているカッコいいメンズヘアスタイルを大いに楽しんで下さい。