【薄毛の意識調査】男性は職場の異性の目が気になる結果が!

リクルートライフスタイルから「薄毛に関する意識調査2016」という調査結果が発表されました。質問事項は6つ、「誰の目が気になる?」「何歳から気になり始めた?」「どのような情報を参考にしてる?」「どのくらい「ストレス」を感じてる?」「今後やってみたい対処方法は?」「普段やっている対処方法は?」。薄毛ヘアで悩んでいる男性の方、必見です!


意識調査の「アンケート概要」について

この『「薄毛に関する意識調査2016」結果発表』は、株式会社リクルートライフスタイルという会社の内部に設置された美容に関する調査研究機関「ホットペッパービューティーアカデミー」で行われた意識調査になります。

まずは、アンケートの概要について、下記の通り株式会社リクルートライフスタイル様のサイトより引用させて頂きます。

アンケート概要
■調査方法:インターネット調査
■対象者条件:全国20~69歳男女、現在薄毛である、または薄毛を気にしている
<スクリーニング>
■調査時期:2016年7月11日(月)~13日(水)
■調査対象:全国20~69歳男女計5万人
<本調査>※スクリーニング調査回答者のうち、薄毛およびその関連症状を気にしている人
■調査時期:2016年7月15日(金)~7月16日(土)
■調査対象:全国20~69歳男女計2,154人

(出典/引用:株式会社リクルートライフスタイル)

また、当サイトでも紹介している美容室の検索予約できる「ホットペッパービューティー」公式サイトの運営元も、この株式会社リクルートライフスタイルになります。

そして、今回の「薄毛に関する意識調査2016」を調査した研究機関「ホットペッパービューティーアカデミー」は、『日本中の街に Beauty Smile を』をコンセプトに美容業界が成長していくためにいろんな調査を行っている研究機関なんです。

ページTop

「薄毛に関する意識調査2016」のアンケート内容について

それではさっそく、『「薄毛に関する意識調査2016」結果発表』について紹介していきます。アンケート内容は下記の通り全部で6個あります。

①:薄毛について、あなたは誰の目が気になりますか?
②:薄毛に関して何歳くらいから気になり始めましたか?
③:あなたは薄毛の対処方法を検討する際に、どのような情報を参考にしていますか?
④:今、あなたは、どのくらい「ストレス」を感じていますか?
⑤:薄毛に関する対処方法の中で今後やってみたいことを教えてください。
⑥:薄毛に関する下記のような対処法の中で、普段やっていることを教えてください。

(出典/引用:株式会社リクルートライフスタイル)

大変に気になる質問ばかりですね!それに、同じことで悩んでいる人たちは、どんな解答をしているのかとても知りたいところでもありますね。

当サイトは、25歳以上30代40代の軟毛ヘアの男性が自分の髪に合う髪型を探しに訪問されています。当然ながら、これから薄毛対策をどうしたらいいか悩んでいる方も多くいらっしゃると思いますが、この意識調査のアンケート結果から次の一歩が踏めるきっかけになれば幸いです。

ページTop

質問①:誰の目が気になる?

質問①『薄毛について、あなたは誰の目が気になりますか?』

<Q. 薄毛について、あなたは誰の目が気になりますか(複数回答/上位5項目)>
◆薄毛に対して気になる目線「他人の目すべて」がトップになるも、男性は「職場の異性」、女性は「同性の友人」の目も気にしている。

       ↓(拡大)

(出典/引用:株式会社リクルートライフスタイル)

薄毛が気になり始めた方にとって、「他人の目すべて」が1位になるのは当然かと思われます。その一方で「他人の目は気にならない」を選んだ方は、恐らく年齢が上の方になると思われます。

さて、男性の場合、2位の「職場の異性」と3位の「職場の同性」から、やはり仕事上での他人の目線が気になる結果がでています。これは毎日のことですので結構辛いですね。

ページTop

質問②:何歳から気になり始めた?

質問②『薄毛に関して何歳くらいから気になり始めましたか?』

<Q. 薄毛に関して何歳くらいから気になり始めましたか。(実数回答)>
◆現在「薄毛の人、薄毛が気になっている人」のうち、20代後半で10.1%の人が薄毛が気になりだしている。男性は40代前半、女性は50代前半がボリュームゾーン。

       ↓(拡大)

(出典/引用:株式会社リクルートライフスタイル)

このブラフでは、薄毛を気になり始めた年齢を「男女」で比較しています。40代前半まで男女とも同じようなグラフの形なのですが、気になり始めるのは女性より男性の方が約1.4倍多いですね。

特に、20代後半から30代前半の男性は、社会人になって年を重ねるとともにショート系のヘアスタイルにしていく方が多い傾向にあります。30歳に向け初めてショートヘアにしたとき、鏡に映る自分の髪が思った以上に薄毛に見えて気になり始める方もあるようです。

ページTop

質問③:どのような情報を参考にしてる?

質問③『あなたは薄毛の対処方法を検討する際に、どのような情報を参考にしていますか?』

<Q. あなたは薄毛の対処方法を検討する際に、どのような情報を参考にしていますか(複数回答/上位5項目)>
◆現在「薄毛の人、薄毛が気になっている人」のうち、20代後半で10.1%の人が薄毛が気になりだしている。男性は40代前半、女性は50代前半がボリュームゾーン。

       ↓(拡大)

(出典/引用:株式会社リクルートライフスタイル)

薄毛を気になり始めた男性の55%以上が、「インターネット検索」で薄毛の対処法を探しています。これは、男の心理からすると、ごく当たり前の結果だと思います。薄毛の対処法を、いきなり誰かに相談することはしないです。

1位から5位までのアンケート結果からも分かる通り、ネット、テレビ、雑誌などでまずは情報収集して、薄毛の対処法をいろいろ探していますね。恐らくこの時点で、購入していろいろ試している方も多いのではないでしょうか。特に、20代30代の男性は、誰にも相談しないで、まずは試すことから始めていると思われます。

ページTop

質問④:どのくらい「ストレス」を感じてる?

質問④『今、あなたは、どのくらい「ストレス」を感じていますか?』【仕事上のストレス】

<Q. 今、あなたは、どのくらい「ストレス」を感じていますか(単一回答)>【仕事上のストレス】
◆ストレスと薄毛の関係では、薄毛を気にしている人の70%以上が「仕事上のストレスを感じている」と回答。

       ↓(拡大)

(出典/引用:株式会社リクルートライフスタイル)

このアンケート集計の男女は、「現在、仕事をしていて、薄毛を気にしている」と回答した人に『今、あなたは、どのくらい「ストレス」を感じていますか?』と質問しています。結果として、仕事をしていて薄毛を気にしている人の70%以上が「仕事上でストレスを感じている」と回答しています。

その中でも、30代男性の実に80%以上の人が、仕事上で薄毛であることにストレスを感じている結果が出ています。役職も付いて、部下とともに大きなプロジェクトを任され、仕事のやりがいも十分に感じている一方で、「薄毛が進行していくかも知れない」ストレスも感じているわけです。本当に辛い立ち位置にあります。

ページTop

質問⑤:今後やってみたい対処方法は?

質問⑤『薄毛に関する対処方法の中で今後やってみたいことを教えてください。』

<Q. 薄毛に関する対処方法の中で今後やってみたいことを教えてください (複数回答/上位5項目)>
◆やってみたい薄毛対策では、男性は「薄毛の病院や専門クリニック」「薄毛専門サロン」など、自宅でできない専門的な対策も上位に。

       ↓(拡大)

(出典/引用:株式会社リクルートライフスタイル)

もう一度、確認して下さいね。このアンケートでは、薄毛対策で今後「やってみたい」対処法を質問しています。つまり、「今はやっていないけど、次にやってみたいと思う薄毛対策」を選んでもらっています。

1位にあるのが「育毛エッセンス/ローション、発毛剤」とあるんですが、育毛エッセンス/ローションがいわゆる育毛剤と言われるものです。このアンケートを回答している方がどこまで調べているかにもよりますが、「育毛剤」と「発毛剤」って厳密にいうと違うんです。

「育毛剤」は、産毛も含めた今生えている髪の毛を太く丈夫に育てていくことに効果があるものを指します。一方、「発毛剤」は、脱毛した毛穴から発毛させる効果のあるものを指しています。ちなみに、「養毛剤」は、髪の毛に栄養を与えるものです。

次の質問に関連していくのですが、ここでは「やってみたいと思っている薄毛対策」の1位が「育毛剤」2位が「専門クリニック」3位が「育毛シャンプー」という順番だけ覚えておいて下さい。

ページTop

質問⑥:普段やっている対処方法は?

質問⑥『薄毛に関する下記のような対処法の中で、普段やっていることを教えてください。』

<Q. 薄毛に関する下記のような対処法の中で、普段やっていることを教えてください(複数回答)>
◆薄毛対策では気軽に使える「薄毛対策用のシャンプーやトリートメント」が人気。

       ↓(拡大)

(出典/引用:株式会社リクルートライフスタイル)

ここでは、「薄毛が“とても”気になる方」と「薄毛が“やや”気になる方」だけで、「普段やっている薄毛対策」を選んでもらっています。結果として、薄毛が気になる度合いが高い人ほど、薄毛対策をいろいろ試している傾向にあります。

そこで、一つ前の回答を思い出して下さい。「やってみたいと思っている薄毛対策」が、1位「育毛剤」、2位「専門クリニック」、3位「育毛シャンプー」という順番でした。

それが、「普段やっている薄毛対策」になると、まずは「自宅で簡単に出来る育毛対策」から始めている傾向にあります。特に、1位の「育毛シャンプー」2位の「育毛剤」は定番中の定番ですね。

また、「ヘッドスパ・ヘッドマッサージ」についても、自宅で出来ることから始めています。「手を使ってマッサージ」「器具を使ってマッサージ」など。

やはり、薄毛専門の「クリニック」や「サロン」に行くのは、最後の選択のようですね。予算もかなり覚悟する必要がありますから当然だと思います。

ページTop

まとめ

「【薄毛の意識調査】男性は職場の異性の目が気になる結果が!」ということで、薄毛意識調査の結果を一通り紹介してきました。ここまで読まれた方の年齢や薄毛の状態によって、いろいろ思うところはあると思います。

ただ、特に25歳以上30代の男性の場合薄毛が気になり始めた時から一人で悶々と悩みながら、何から始めたらいいかネットでいろいろ調べて情報収集している方が多いようです。

当サイトでも、売れ筋の「育毛シャンプー」と「育毛剤」がそれぞれ比較できる記事ページを用意しています。「育毛シャンプー」では合計6商品、「育毛剤」では番外編を含め合計4商品を比較することができますので、参考にして頂ければ幸いです。

ちなみに、各商品とも、今だけの「キャンペーン」「特典」がいろいろありますので、それぞれの公式サイトで確認だけは早めにしておくといいですよ。

育毛シャンプー比較【6選】 育毛剤比較【3選】

売れ筋の育毛シャンプーを6商品ピックアップして、さらに頭皮の乾燥と皮脂のタイプ別に3商品に分けて比較しています。

売れ筋の育毛剤を3商品ピックアップして比較しています。番外編として、M字専門の育毛剤も紹介しています。